よそみ余所見

余所見は、見たり聴いたりした事と、それについて考えた事などを書くウェブサイトと紙の雑誌です。

第1号(249版)
2017年10月19日 16時40分33秒 発行

定点観測メモ/梅田哲也 

掲載日:2010-12-25 19:22:07

【定点観測メモ/梅田哲也】BREAKFAST FAST EXTRA(米子匡司)

定点観測メモは、ある期間のあいだ、あるひとつの人やできごとを追って、そこで起こるできごとについて定点観測的に考える企画です。
ここに集まったテキストやその他の記録は、観測期間の終了後に再編集を行い、まとめられる予定です。
定点観測メモ第一回は、2010年7月1日から12月31日にかけて、梅田哲也さんを観察しました。

BREAKFAST FAST EXTRA 米子匡司

BREAKFAST FASTは、梅田哲也が大阪・AD&Aギャラリーで開催していた、朝ごはんを食べながら主催者の用意したゲストや飛び入りのプレゼンテーションを見る、というイベントです。
朝からお昼前までプレゼンテーションが行われた(朝ごはんも食べ終わった)そのお昼からは、たいていの場合、発明家や技術者をはじめとした様々な方をゲストに迎えた『創意工夫の工作』と題するトークイベントが一緒になっていて、それも含めてとても良いイベントでした。なによりまずやはり朝なのがよくて、朝からわざわざ集まって話す、あの感じがとても良かった。
けれど、会場となっていたAD&Aギャラリーは今年8月を持って休廊してしまって、残念ながらひとまず、少なくとも定期的な開催は行われなくなりました。

この日は,岐阜県・大垣公園のイルミネーションイベントの企画のひとつとして、そのBREAKFAST FASTのバリエーションを開催するということでした。会場は、公園の中に建てられたビニールハウスで、その周囲には大垣市・芭蕉元禄イルミネーション(大垣市内各地にイルミネーションを展示する催しのようです)のオブジェが点灯されています。

イルミネーションでもあるし、時間は朝ではなく夕方から夜のイベントで、今日の梅田哲也はイベント企画と進行のほかDJとして活躍していて、数十年前の古い音源(今聴くとなにかしら面白いもの)から、前後の出演者を意識してつなげるような音源まで幅広く選曲をしています。

その司会進行とDJにつながれて、cavilll、Phirip、栗原ペダル、HADA、akamar22!、元山ツトム a.k.a.mots、Gofish、村上ゴンゾという人たちが出演されて、どれも良い演奏でした。
ほんとにどれもとても良くて、掛け値なしに全体的に良いライブばかりだったんだけど、音楽ライブとなると、良かったから今度行くといいよ、という以上に言うべき言葉がなくて、残念です。それぞれ大阪や名古屋で活動されてる人たちなので、ご存知ない方は、ぜひまたライブを聞きに行ったり、ウェブサイトで音楽の聴ける人たちもいるので、一度お聴きください。

なかでも栗原ペダルさんの「歌手の地獄」「デビュー」という歌がとてもよかった。akamar22!も、今まで何度も聴いたことがあって、もともと好きだったんだけど、この日はそれを更に超えて良い印象でした。また聴きに行こうと思った。
栗原ペダルさんはエレキギターと歌、akamar22!はギター弾き語りの方です。

飛び入り参加や、Phirip(ワラビモチ愛好会)さんによる、わらび餅と交換する一芸の撮影があり(まとめたウェブサイトはこちらのようです http://phirip.com/choja2010/ )揺らぎの心地良いイベントでした。














余所見